10681円 ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 (カップ約1から6杯) ステンレスブラウン EC-AJ60-XJ 日用品雑貨・文房具・手芸 その他 限定特価 ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AJ60-XJ カップ約1から6杯 ステンレスブラウン 日用品雑貨・文房具・手芸 , その他,珈琲通,(カップ約1から6杯),コーヒーメーカー,10681円,/foreshape1052530.html,ステンレスブラウン,backstagepasstv.com,ZOJIRUSHI,EC-AJ60-XJ 10681円 ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 (カップ約1から6杯) ステンレスブラウン EC-AJ60-XJ 日用品雑貨・文房具・手芸 その他 限定特価 ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AJ60-XJ カップ約1から6杯 ステンレスブラウン 日用品雑貨・文房具・手芸 , その他,珈琲通,(カップ約1から6杯),コーヒーメーカー,10681円,/foreshape1052530.html,ステンレスブラウン,backstagepasstv.com,ZOJIRUSHI,EC-AJ60-XJ

限定特価 ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AJ60-XJ 今だけ限定15%OFFクーポン発行中 カップ約1から6杯 ステンレスブラウン

ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 (カップ約1から6杯) ステンレスブラウン EC-AJ60-XJ

10681円

ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 (カップ約1から6杯) ステンレスブラウン EC-AJ60-XJ





◆商品名:ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 (カップ約1から6杯) ステンレスブラウン EC-AJ60-XJ

メーカー型番: EC-AJ60-XJ
サイズ: 本体/幅23×奥行き15.5×高さ28
容量: 810mL
消費電力: 650W
材質: ホウケイ酸ガラス、PP

商品紹介商品説明
「象印 コーヒーメーカー EC-AJ60-XJ(ステンレスブラウン)」は、熱湯と蒸気で豆をじっくり蒸らして香りを引き出すコーヒーメーカーです。はずせる水タンクなので、使うたびに洗えて、清潔。また給水にも便利です。スイングバスケットは、90度開いた状態で取り外せます。

製品仕様
●容量:810ml
●消費電力:650W
●コーヒーカップ:1-6杯
●ペーパーフィルター
●おいしさ:ダブル過熱95度抽出/浄水フィルター
●使いやすさ:スイングバスケット(ワンタッチ着脱)/はずせる水タンク/コードホルダー●お手入れ:はずせるフィルターケース/しずくもれ防止機構

ご注意
●ご使用の際は取扱説明書をよく読んでからお使いください。

返品について
こちらの商品は返品方法が異なります。詳しく。

コーヒー本来のコクと香りを引き出す ダブル加熱95℃抽出 水をヒーターで2回加熱し、熱湯と蒸気でコーヒー豆全体を蒸らしてからドリップするので、コーヒー本来の芳醇なコクと香りを豊かに引き出す
※1コーヒー抽出温度安定時の最高温度が95℃以上、測定条件は、定格電力・水温20℃・室温20℃。 温度測定箇所はドリップしたバスケット内のコーヒー粉中央。 給水しやすくお手入れ簡単 はずせる水タンク 水タンクに目盛りがついているので、給水するのに便利
はずせる水タンク
写真はEC-VJです ワンタッチで着脱 スイングバスケット スイングバスケットを90度開いた状態でワンタッチで取りはずせるので、使用後のフィルター交換もしやすく、お手入れが簡単 ワンタッチで取りはずし「スイングバスケット」
写真はEC-VJです 浄水 カルキをとって、コーヒー豆本来のおいしさを引き出す(カルキ除去率98%※2)。
※2 日本電機工業会自主基準(JEMA-HD65)に基づき試験を行った値 たっぷり容量「コーヒーカップ6杯」 たっぷり作れるから、来客時などでも安心のゆとりの容量
●ホットコーヒー用だけでなく、アイスコーヒー用の目盛り付き
ホットコーヒー用 アイスコーヒー用 ●はずせるフィルターケース
●ペーパーフィルター方式
●収納に便利な「コードホルダー」つき
●しずくもれ防止機構
●ドリップ方式

ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 珈琲通 (カップ約1から6杯) ステンレスブラウン EC-AJ60-XJ

ABOUT US益田市医師会について

自然豊かな街益田

益田市は、山口県と接しており、北に日本海、南に中国山地があり、山陰と山陽を結ぶ交通の要衝地です。気候は年間を通して温暖です。冬季は対馬海流の影響もあり平野部では積雪も少ないです。
温泉がとても有名で、益田市市内に温泉施設が多くあります。また日本有数の清流高津川があり、その恵みを受けた豊かな農林水産物と古くから歴史が残る街です。

医療の歴史ある街

益田市は医学の偉人を多く輩出しています。高津町出身の米原恭庵先生は、1849年益田で蔓延していた天然痘に対して、日本国内で2番目に早く治療を開始し、この災疫から地元住民を守りました。
また、後に美都町出身の秦佐八郎博士は、ドイツ国立実験治療研究所所長でノーベル賞を受賞したエールリッヒ博士と共に、梅毒の特効薬「サルバルサン」を発明し、世界中の多くの人を救いました。益田市医師会は、今後も地域の医療を支える医療人を輩出することで、益田市の地域医療に貢献いたします。

次世代の医療人の育成

益田市医師会では次世代の医療を担う医療人を育成すべく、合同会社ゲネプロと共同で開業医による医師不足解消へき地医療研修プロジェクト「親父の背中」を立ち上げました。この研修プロジェクトは、常勤医師不足に悩む益田地域医療センター医師会病院に2年間勤務しながら、益田市医師会員のベテラン開業医等を指導講師に、耳鼻咽喉科や整形外科、皮膚科、へき地医療など7つの診療科から参加者が学びたいプログラムを構成、「匠の技」を修得するものです。このような取り組みを積極的に行い、当医師会は次世代の医療人の育成に力を入れております。

地域の特異性を生かした
医療構想

国の医療政策として「地域医療構想の策定」を目指し、各地域の病床機能分化・分担、地域包括ケアシステム構築への取り組みが提示されました。この策定には「地域の特殊性にのっとった独自の医療構想」が重視されています。そのため当医師会も、開業医の先生方・各医療機関・介護・行政・隣接地域との調和を図りつつ、当医師会で検討してきた中長期計画も参考に、協力体制の構築に積極的に取り組んでまいります。

ページの先頭へ