4K,TV・オーディオ・カメラ , 光ディスクレコーダー・プレーヤー , ブルーレイ・DVDレコーダー,◎【アウトレット】ソニー,4K放送長時間録画/W録画対応,35910円,backstagepasstv.com,(2019年モデル),BDZ-FBT3000,ブルーレイレコーダー,3チューナー,/keepsaky921317.html,3TB アウトレット ソニー 3TB 3チューナー 4K 2019年モデル ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画 BDZ-FBT3000 W録画対応 情熱セール アウトレット ソニー 3TB 3チューナー 4K 2019年モデル ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画 BDZ-FBT3000 W録画対応 情熱セール 35910円 ◎【アウトレット】ソニー 3TB 3チューナー 4K ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画/W録画対応 BDZ-FBT3000 (2019年モデル) TV・オーディオ・カメラ 光ディスクレコーダー・プレーヤー ブルーレイ・DVDレコーダー 35910円 ◎【アウトレット】ソニー 3TB 3チューナー 4K ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画/W録画対応 BDZ-FBT3000 (2019年モデル) TV・オーディオ・カメラ 光ディスクレコーダー・プレーヤー ブルーレイ・DVDレコーダー 4K,TV・オーディオ・カメラ , 光ディスクレコーダー・プレーヤー , ブルーレイ・DVDレコーダー,◎【アウトレット】ソニー,4K放送長時間録画/W録画対応,35910円,backstagepasstv.com,(2019年モデル),BDZ-FBT3000,ブルーレイレコーダー,3チューナー,/keepsaky921317.html,3TB

アウトレット ソニー 3TB 3チューナー 4K 2019年モデル ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画 新品未使用 BDZ-FBT3000 W録画対応 情熱セール

◎【アウトレット】ソニー 3TB 3チューナー 4K ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画/W録画対応 BDZ-FBT3000 (2019年モデル)

35910円

◎【アウトレット】ソニー 3TB 3チューナー 4K ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画/W録画対応 BDZ-FBT3000 (2019年モデル)



こちらのカタログは外箱痛み有の為
アウトレット・お買い得価格・現品限りです。

商品:ソニー 3TB 3チューナー 4K ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画/W録画対応
状態:外箱痛み有・新品未開封

型番:BDZ-FBT3000
JAN:4548736086661
メーカー:SONY
発売日:2019年11月16日

【商品情報】
●UltraHDブルーレイ搭載。
●新作ドラマ・アニメを最長1か月前から先行予約が可能。

【スペック】
●HDD容量:3000GB(3TB)
●地上デジタル録画時間:約390時間
●BS・110度CSデジタル録画時間:約276時間
●BS4K・CS4K録画時間:約195時間
●チューナー:地上デジタル(CATVパススルー対応)×3、BS・110度CSデジタル×3、BS4K・CS4K×2
●入出力端子:[アンテナ入出力]地上デジタル(UHF)/75ΩF型コネクター、BS4K・110度CS4K-IF/75ΩF型コネクター、HDMI出力×2(映像/音声×1、音声×1)、USB×2系統(前面 USB 2.0×1/後面 USB 3.0×1)、LAN端子×1系統(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
●消費電力:33W
●年間消費電力量:約27.0kWh/年 ※表示値はJEITA基準による算出式を基に算出した参考値です。
●寸法:W43.02×H5.64×D22.45cm (最大突起含む)
●質量:約3.7kg
●付属品:取扱説明書、電源コード(1.5m)、アンテナケーブル(1.5m)、リモコン、リモコン用単4電池(2個)

◎【アウトレット】ソニー 3TB 3チューナー 4K ブルーレイレコーダー 4K放送長時間録画/W録画対応 BDZ-FBT3000 (2019年モデル)

01/08

高卒資格とは

高卒資格とは、日本の高等学校(高校)を卒業したことと同等とみなされる学歴や資格のことを指し、一般的には、全日制高校の卒業をはじめ、通信制高校、サポート校、定時制高校、高等専門学校(高専)、技能連携校、専修学校のうち大学入学資格付与校を卒業した場合に学歴とともに付与される資格です。また、これらの学校の卒業した場合だけでなく、文部科学省が実施する高等学校卒業程度認定試験(高卒認定/高認)に合格することに、高卒資格を得ることもできます。

02/08

高等学校卒業程度認定試験

高卒認定試験高認)は、試験に合格することにより、高校卒業者と同等以上の学力があることを国が認定する国家試験です。年に2回(8月上旬と11月上旬)に実施され、高等学校のカリキュラムに含まれる主要科目8科目~10科目に合格すれば、高卒資格が得られます。前身の試験は大学入学資格検定(大検)です。合格者には、日本国内の大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業程度認定試験合格者として、就職、資格試験等に活用することができます。厳密には、最終学歴として、高等学校卒業にはなりませんが、国が高等学校卒業と同等であることを認める試験なので、履歴書では学歴欄に書いても差し支えないでしょう(「令和○年○月 高等学校卒業程度認定試験合格」)。

試験は高校の基礎問題が中心に出題されます。免除制度を活用して受験科目を減らせば、合格の難しい試験ではありません。合格基準点としては概ね40点、合格率は概ね4割です。

03/08

通信制高校

通信制高校は、昭和23年に学校教育法に定められた正式な高等学校です。何らかの理由で、全日制高校や定時制高校に通学することができない方のための高校で、卒業すれば高校卒業の学歴が与えられます。通信制高校での学習は、科目ごとに、①レポート提出 → ②スクーリングに参加 → ③単位認定試験の受験、の流れで進めていき、3年間在籍し、74単位以上を取得し、特別活動に30時間以上出席すると卒業要件が満たされます。最近では、転入学や編入学者も多く、その場合は、前籍校での実績が活かされるため、1~2年間で卒業できる場合もあります。

通信制高校へは、中学から直接進学される方、高校を中退された方、スポーツや芸能活動をされている方など、さまざまな学習経歴や動機を持つ方が入学しています。そのような時代的なニーズに対応し、通信制高校では

04/08

サポート校

サポート校は通信制高校を3年間で卒業できるように学習や生活を支援する学校です。卒業すると「高校卒業学歴」が得られます。多くのサポート校では、週に1日、3日、5日など、登校日数を選択することができ、遠方から通う生徒への配慮から始業時間は少し遅めに設定している場合があります。また、時間的な余裕を活かし、各校の特色を活かした技能修得などの授業も行っています。さまざまな技能を身につけて卒業できることもサポートならではのメリットです。全日制タイプのサポート校では、授業や学校行事など、全日制高校と同等のスクールライフを体験できます。

05/08

技能連携校

高等専修学校が通信制高校が連携して教育を行う制度を「技能連携」といいます。この場合、高等専修学校が「技能連携校」と呼ばれます。専修学校は、仕事や生活に必要な能力を育成し、専門的技術や知識・教養を身に付ける学校で、中学卒業者が入学できるのが「高等専修学校」です。

技能連携制度のもとでは、高等専修学校での学習が通信制高校卒業のための単位として認められます。つまり、高等専修学校で学んだことが、通信制高校における科目履修とみなされ、通信制高校の卒業単位として加算され、卒業と同時に高卒学歴(高卒資格)も得られます。

06/08

大学入学資格付与指定校

大学入学資格付与指定校とは、文部科学大臣により大学入学資格を付与することが認められた高等専修学校のことです。卒業者は高等学校卒業者と同等以上の学力があると認められ、大学や短大など上位校の入学試験の受験資格を得ることができ、国家試験の受験や職能者等の養成施設への入所の道も開かれますます。但し、卒業時の学歴は「高等専修学校卒業」で「高等学校卒業」ではありません。

07/08

定時制高校

定時制高校は、「夜間その他特別の時間又は時期において授業を行う課程」を持つ高等学校のことで、端的にいえば、昼間働いている方のために、主に夜間に授業を行う高校です。多くは公立高校で、学年制です。入学は学力試験と面接で行われます。

授業は毎日、夕方から4時限程度で、基本的に4年かけて卒業します。しかし、最近では、さまざまな事情を持つ方のために、昼間にも授業を行い、3年で卒業できる定時制高校も登場しています。ただし、3年間での卒業を目指す場合は、毎日5~6時限程度の授業を受ける必要があります。卒業時の学歴は「高等学校卒業」の学歴になります。

08/08

私の在学している学校・卒業した学校


 

高卒資格.comは、高校卒業資格や学歴取得に関する情報サイトです。何らかの事情で高校進学の機会がなかった方や高校を中退したものの、その後の社会経験等を通じて高卒資格の必要性を感じている方、通信制高校やサポート校を利用して高卒を目指す方々に向けて情報発信しています。当サイトではおもに、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定・高認・大検)に関する情報と通信制高校、サポート校、技能連携校などで高卒学歴を取得するための情報を掲載しています。皆様が新しいステップを踏み出す第一歩として、お役に立つことができれば幸いです。